サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
電力広域機関系統管理システム公開、4月本格稼働へ最終準備 【5面】
 電力広域的運営推進機関は16日、4月から本格稼働させる「広域機関システム」を報道陣に公開した。同システムを通じ、全国大で電力需給や周波数などの情報を一元的に把握、監視し、必要に応じて地域間の電力融通を指示する。4人を1チームとし、5チームの交代で24時間監視する。

 「広域機関システム」は、同機関が4月に開始する広域的な需給管理、系統監視などの業務を支援する基幹的システムだ。本運用拠点は広域機関の事務所(東京・江東区)に置き、バックアップ拠点は大阪市に置く。

 広域機関システムは、全ての送配電事業者や小売電気事業者、発電事業者などが利用する。利用事業者数は、約250社(3月16日現在)あり、そのうち約80社とはシステム同士をオンラインで直接結んで連携させるための動作テストを3月末まで行う。また、今週からは小売電気事業者と発電事業者から、4月1日以降の1日前計画も受け付ける。

全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組『きじまりゅうたの小腹すいてませんか』などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。在宅勤務などステイホームを楽しくするレシピ満載! WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets