サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
LNG燃料船12隻建造、2028年度までに20隻体制へ/日本郵船 【1面】
 日本郵船は15日、LNG燃料の自動車専用船を12隻建造すると発表した。2025年度から28年度にかけて順次竣工する。同社のLNG燃料自動車船はこれで合計20隻になる。同社は自動車船以外の船種も含めてLNG燃料の採用拡大を引き続き検討する方針だ。長澤仁志社長は同日のオンライン会見で「現時点で環境性に最も優れた燃料であるLNGを使用することは、実際に海運に携わる事業者としての義務だ」と強調した。

 造船会社2社と今月上旬、それぞれ6隻を建造する覚書を締結した。仕様は12隻とも全長199・9メートル、全幅38・0メートル。同規模の重油燃料船に比べて、二酸化炭素(CO2)排出量は約40%削減される。一層の環境性向上やコスト低減に向けた取り組みを両造船会社と共同で進める。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2