サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】『文章読本』を読む 【10面】
 谷崎潤一郎など高名な小説家が書いた『文章読本』を読んでも、文章がうまくならないという説があるが本当なのか。ならば、多くの『文章読本』が今も読まれるのはなぜか。また、文章がうまくなる方法は他にあるのか考えてみた。

○時代を越えて読まれる

 手元に10冊の『文章読本』および関連本がある。1934(昭和9)年に発行された谷崎潤一郎『文章讀本』(現在は中公文庫)が第一号で、その後に出版される類似本の基準になっている。第二世代としては50(昭和25)年の川端康成『新文章讀本』(タチバナ教養文庫)、59(昭和34)年の三島由紀夫『文章読本』(中公文庫)、75(昭和50)年の中村真一郎『文章読本』(新潮文庫)の3冊。さらに時代が下って77(昭和52)年の丸谷才一『文章読本』(中公文庫)と84(昭和59)年の井上ひさし『自家製 文章読本』(新潮文庫)の2冊。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2