サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
福祉施設に5kW級超高効率SOFC、自立運転機能型で23年3月まで実証運転/東京ガス 【6面】
 東京ガスは23日、東京都練馬区、同区社会福祉事業団と協力し、同社が開発中の超高効率業務用5キロワット級SOFC(固体酸化物形燃料電池)を同区の福祉施設に設置して実証試験を行うと発表した。

 運転データを収集し、耐久性や信頼性を検証する。実証機の設置は、同社の千住テクノステーション(東京・荒川区)、ガスの科学館「がすてなーに」(東京・江東区豊洲)、田町スマートエネルギーセンター(東京・港区)に次いで4カ所目。今回、停電時に発電を継続する自立運転機能搭載タイプを初めて設置した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2