サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
地域密着をPR コミバスの命名権取得/入間ガス 【7面】
 入間ガスがネーミングライツ(命名権)を取得した入間市のコミュニティーバス「いるまるくん号」が1日から運行を開始した。車体には同社のマスコットキャラクター「いるまるくん」や市と関係が深い、ブルーインパルスと市の鳥のヒバリ、お茶畑、カタクリの花などのイラストが描かれている。

同社の担当者は「(命名権の取得は)地域密着のPRや地域貢献にもつながる」と話す。

 市は昨年11月、コミュニティーバス「てぃーろーど」のネーミングライツパートナーの募集を開始した。市ではコミュニティーバスにネーミングライツを導入したのは国内初としている。応募した入間ガスが命名権を取得。同社は市と「コミュニティバスネーミングライツパートナー企業基本協定」を締結した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets