サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】『更級日記』1000年 【10面】
 高校の古文の教科書でおなじみの『更級日記』は、作者である平安時代の貴族の娘が、10歳から13歳まで過ごした父の赴任地である東国から、家族と一緒に京の都に帰る場面から始まる。2020年は、作者一家が旅立った日からちょうど1000年。旅立ちの場所が筆者(今井)の家の近所ということなので、年末の一日、ゆかりの場所を歩いてみた。

 更級日記の作者は菅原孝標女。1008年に生まれた。父の孝標は“学問の神様”菅原道真の子孫である。孝標の父と子は学問の世界で要職についたが、彼は地方回りの役人で終わった。一家が住んでいたのは上総の国。当時の房総半島(千葉県)は、半島先端の安房、東京に近い下総、中央の上総と3つの国に分かれていた。上総の国府(役所)は現在の市原市に置かれていた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets