サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【2021大手4社トップに聞く】エネルギー供給体制盤石に/東京ガス 内田高史社長 
 東京ガスは、政府のカーボンニュートラル宣言に先立つ2019年11月にグループ経営ビジョン「Compass2030」でCO2ネット・ゼロを打ち出した。

足元では他業界を含めて脱炭素になだれを打つ中、どのような経営戦略を考えているのか。内田高史社長に、同社が目指す将来について語ってもらった。

――昨年11月の定例記者会見では「LNG導入時以上のパラダイムシフトが起きている」と言及したが、時代をどう乗り切っていくか。

 サステナブル(持続可能)な社会を作るための大きな取り組みの一つが、CO2ネット・ゼロだ。今までの経済活動を変え、社会活動も変えていかなくてはいけない。われわれエネルギー供給者としては、それが水素や再生可能エネルギーであり、もう一つは、レジリエント(柔軟で強い)なエネルギー供給体制をつくることだ。国が宣言したカーボンニュートラルは電化と誤解される向きもあるが、むしろエネルギー供給体制を盤石にするためには、複合型の体制をつくらなくてはいけない。必ず熱分野の脱炭素化を並行して進めなくてはいけない。それはレジリエンスの観点からしても絶対に必要なことだ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets