サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
電力卸市場が高騰 LNG火力抑制が主因 【1面】
 日本卸電力取引所(JEPX)のスポット価格が昨年末から上昇し続け、歴史的な高値を記録している。12月上旬には1桁台で推移していた全国価格(24時間平均)は、1月8日受け渡し分で99円90銭/キロワット時まで高騰した。燃料制約のため多くのLNG火力発電所が出力低下に踏み切り需給がひっ迫したことが、主因として指摘されている。東京電力パワーグリッド(PG)と関西電力送配電の2エリアでは安定供給維持にも支障が出かねない状況で、こうした危機に陥った要因の詳細な分析が今後求められそうだ。

 昨夏(7~9月)の全国価格が平均6円弱であるなど、スポット価格は最近まで低水準で推移していたが、市況は年末年始に一変した。クリスマス過ぎから20~30円台で推移するようになり、今年に入って4日受け渡し分で48円52銭を記録。5日以降も連日、過去最高値を更新した。

 30分ごとの取引価格では、18年7月に西日本エリアで記録した100円02銭/キロワット時がこれまでの最高価格だったが、東日本エリアでの7日夜受け渡し分が103円02銭/キロワット時を記録した。さらに8日夜受け渡し分では全国価格が120円02銭/キロワット時まで跳ね上がった。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内

テスト2
書籍・冊子の案内
●【新版】もしもに強い!エネファーム
大型台風の影響で万一の停電時にもエネファームがあれば、スマホの充電や照明など電気が使えるので安心。エネファームで〈家族の安全・安心〉を確保! 万一のための備品チェックリスト付

●天然ガス特集2021
「天然ガスの今」を解説した22ページの大特集。官公庁、大口需要家、サブユーザー様などへの訴求資料として最適

●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2