サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【第1部】LNGの脱炭素化方策を検討/梶山弘志経産相インタビュー 【1面】
 菅義偉首相の「2050年温室効果ガス排出実質ゼロ」(カーボンニュートラル)宣言で政府のエネルギー政策が注目される中、梶山弘志経済産業相は、ガスエネルギー新聞の書面インタビューに応じ、「需要が拡大するLNGには、再生可能エネルギーの調整電源としても期待する」と表明する一方、「LNGバリューチェーン全体の脱炭素化について具体的な方策をまとめたい」と述べた。また、ガス事業者に対し「地域の課題に自治体、企業と一体となって地方創生に貢献してほしい」と期待を寄せた。一問一答は以下の通り。

―世界的な脱炭素の潮流の中でLNGが果たすべき役割。また、そのために必要なことは。

 今後、世界のエネルギー需要が拡大することが見込まれる中で、LNGは引き続き重要なエネルギー源であり続けると考えています。実際、IEA(国際エネルギー機関)の持続可能な開発シナリオにおいても、LNGの需要は拡大すると見込まれています。

 これは、LNGが石炭と比較して非常に環境負荷が小さく、かつ生産地が世界中に分散されているため、安定供給にも資するからです。また、今後導入が拡大する再生可能エネルギーの調整電源としての役割も期待されています。さらに、天然ガスは燃焼時にCO2を排出しない燃料として期待される水素やアンモニアの生成においても重要な原料であり、現在の水素の75%は天然ガス由来と言われています。

 しかしながら、世界の脱炭素化に向けては、環境負荷が化石燃料の中で最も低いLNGでさえ、バリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)を削減していくことが必要です。このため、昨年10月に開催したLNG産消会議では、世界の脱炭素化に向けたLNG活用の必要性に加えて、LNGの生産、輸送、消費に至るバリューチェーン全体で脱炭素化を実現していく取り組みについて、日本が世界を主導することを宣言しました。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets