サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
九北幹線の供用開始、ガス広域供給体制が確立/西部ガス 【1面】
 西部ガスは4日、新高圧輸送導管である九州北部(九北)幹線の供用を開始した。これにより、ひびきLNG基地(北九州市)から同社最大の需要地の福岡地区までの高圧輸送導管の複線化が完了した。

 九北幹線はひびきLNG基地と需要地の福岡をつなぐ2本目の高圧輸送導管で、ひびきLNG基地から的野ステーション(福岡県糟屋郡新宮町)までの約58キロメートルを結ぶ。的野ステーションで福岡地区まで通じている既存の古賀幹線に接続した。そこから下流は古賀幹線と福北幹線で複線化されていた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2