サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【第2回2050年に向けたガス事業の在り方研究会】ガスの水素混入議論 直接混入と合成メタンを比較&議事要旨 【3面】
 資源エネルギー庁が6日に開いた「2050年に向けたガス事業の在り方研究会」では、都市ガスのさらなる低炭素化や将来の脱炭素化に向け鍵を握る水素についても議題となった。

 日本エネルギー経済研究所の柴田善朗研究主幹は「ガス事業の低・脱炭素化に向けて」の発表で、都市ガスインフラで水素利用する具体的方法とメリット、課題について説明した。再エネが今後拡大した場合、余剰電力で水電解して二酸化炭素(CO2)フリー水素を得る「パワー・トゥ・ガス」(PtoG)により、水素を都市ガスで使い、エネルギーシステムを連結・統合することで「電化が難しい部門の低炭素化が可能になる」と指摘した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ

書籍・冊子の案内
●2021年 都市ガス事業マップ
B1判ポスターに都市ガス情報を集約!2021年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。

●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2