サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【第2回2050年に向けたガス事業の在り方研究会】ガスの水素混入議論 直接混入と合成メタンを比較&議事要旨 【3面】
 資源エネルギー庁が6日に開いた「2050年に向けたガス事業の在り方研究会」では、都市ガスのさらなる低炭素化や将来の脱炭素化に向け鍵を握る水素についても議題となった。

 日本エネルギー経済研究所の柴田善朗研究主幹は「ガス事業の低・脱炭素化に向けて」の発表で、都市ガスインフラで水素利用する具体的方法とメリット、課題について説明した。再エネが今後拡大した場合、余剰電力で水電解して二酸化炭素(CO2)フリー水素を得る「パワー・トゥ・ガス」(PtoG)により、水素を都市ガスで使い、エネルギーシステムを連結・統合することで「電化が難しい部門の低炭素化が可能になる」と指摘した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets