サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
大阪ガスが初の洋上風力、唐津市沖で60万キロワット規模 【1面】
 大阪ガスとアカシア・リニューアブルズ(本社・東京都中央区)は7月31日、佐賀県唐津市沖で洋上風力発電事業を計画し、環境影響評価法に基づく初期プロセス「計画段階環境配慮書」を経済産業省と関係自治体に送付したと発表した。

 大阪ガスが洋上風力の事業計画を発表したのは初めて。9月2日まで1カ月間、配慮書を関係自治体庁舎や2社のホームページで縦覧し、地元住民らの意見を取り入れた上で、海洋調査など環境アセスの手続きを進める。

 発電機は着床式で事業規模は最大出力60万キロワット。1基当たり8000~1万2000キロワットの発電機を唐津市の沖合約1万3000ヘクタールに最大72基設置する計画だ。工事期間は着工から3年を予定している。着工日は未定。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets