サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
3選択肢さらに検討、バンド制議論継続/ガスWG 【1面】
 資源エネルギー庁の「ガス事業制度検討ワーキンググループ」(ガスWG)は10日、約5カ月ぶりに会合を開き、ガス1立方メートル当たりの熱量に幅を認める「熱量バンド制」について中間整理を行った。これまでバンド幅など五つの選択肢で検討してきたが、今回三つに選択肢を絞り、課金方法、費用負担者など、移行可否判断に必要な論点について詳細審議を継続することにした。


 バンド制は、現行標準熱量制の下で行われている熱量調整(熱調)コストを下げ、料金を低廉化できる可能性があるため検討されてきた。ガスWGは昨年6月、(1)現行標準熱量制・熱量引き下げ(45→44MJ)、(2)熱量バンド制・熱量幅44~46MJ、(3)同43~45MJ、(4)同42~46MJ、(5)同40~46MJ―という五つの選択肢を示し調査・検討を行った。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets