サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
コロナ後の対策提言へ 資燃分科会、投資促進や脱炭素 【3面】
 総合資源エネルギー調査会資源・燃料分科会は近く、「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた資源燃料の安定確保に向けた提言」を公表する。1日に開いた分科会会合で、資源エネルギー庁の討議資料に基づき行った議論を踏まえ、隅修三分科会長(東京海上日動火災保険相談役)がまとめる。会合では、原油や天然ガスの需要や価格が低迷し、上流投資が滞る懸念への対応や、カーボンリサイクルなど脱炭素化への取り組み強化を求める意見が多く出された。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●分散型エネルギーが創り出す 2050年の未来
2050年カーボンニュートラル時代に向けて、ガスエネルギーシステムを活用した〈脱炭素〉&〈強靭なまちづくり〉を提案する。コージェネ等による分散型エネルギーシステム構築や技術革新が期待されるメタネーションについても解説。

●コロナに負けるな ガスで快適・健康生活
ステイホーム、テレワークをガスで快適に!
【主な内容】
●ガスコンロで免疫力UP
●乾太くんでラク家事
●爽快マイクロバブル
●床暖で快適テレワーク
●電気&ガスまとめプラン
●災害に備えエネファーム

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets