サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
脱炭素協議会が設立 東京湾岸エリアを実証の場に/ガス協会、東ガスなど94機関 【3面】
 東京湾岸エリアに拠点を持つ企業、国、自治体、研究機関などが、「2050年ごろに脱炭素化社会実現」との目標に向け技術の研究開発、実証、普及などで連携する「東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会」(会長=柏木孝夫東京工業大学特命教授・名誉教授、略称=ゼロエミベイ)が16日、オンラインで設立総会を開いた。関係省庁、10都県市を含め94者が参加。幹事機関として東京ガスが参加するほか、日本ガス協会、コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(コージェネ財団)などもメンバーとなった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets