サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】朝ドラを復興の力に 【8面】
福島ガス西形社長が奮闘


 東京方面から東北新幹線で福島駅に近づくと、車窓から福島ガスのガスホルダー2基が見える。その1基に「古関裕而のまち福島市」というロゴが描かれ、3月下旬お目見えした。NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)のPRでもある。福島ガスと朝ドラの深い関係を紹介しよう。

 3月30日、朝ドラ「エール」が始まった。同作品は福島市出身の作曲家・古関裕而と妻金子の人生をモデルにしている。古関は1964年の東京五輪開会式で演奏された「オリンピック・マーチ」をはじめ、全国高校野球大会歌「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの「六甲おろし」、全国の校歌など5000曲余りを作曲した人物だ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets