サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
LNG1割強が余剰に、コロナ禍で需要落ち込む 【1面】
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、LNGの需要も大きく落ち込む見通しだ。日本エネルギー経済研究所はこのほど、今年の世界のLNG需要について、4~6月中に経済が底打ちすれば前年比7・8%減の3億2500万t、

 底打ちが7~9月にずれ込めば11・5%減の3億1200万tになると試算した。

 エネ研は昨年12月、今年の需要を前年比6・3%増の3億6900万t、供給を9・1%増の3億8100万tと予想。既にこの時点で1200万t程度の供給過多を見込んでいたわけだが、6%増えるとみていた需要が一転して1割程度も減少する見通しとなったことで、需給ギャップは供給量の1割強に相当する5600万~6900万tに広がる見通しとなった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets