サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
エネ需要36%消失 都市封鎖で/エネ研が試算 【3面】
 日本エネルギー経済研究所は3日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のための「都市封鎖」が実施された場合のエネルギー需要への影響について、試算結果を公表した。1000万人規模の都市が封鎖されると、1日当たり約36%の需要が失われるという。ガソリンなど燃料油の落ち込みが大きいが、都市ガスも約17%の需要減が見込まれる。企業や個人の行動に強い制限をかけた欧米等の事例に基づいた予測で、緊急事態宣言の対象自治体で同レベルの需要減がただちに起きる可能性は小さいが、政府が一層の規制強化に踏み切った場合にはエネルギー市場への影響も甚大になりかねない。
―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets