サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
世界初 発電効率65%、5kW級SOFC実証へ/東ガス、三浦工 【1面】
 東京ガスと三浦工業は4日、発電効率65%の高効率発電を可能とする業務用5kW級SOFC(固体酸化物形燃料電池)の実証機を共同開発し、4月から都内2カ所で2年間、実証試験を行うと発表した。5kW級SOFCで発電効率65%の実現は世界初。両社は、発電性能、耐久性、信頼性などを検証し、課題解決を図り、2020年代前半の商品化を目指す。

 東京ガスは17年5月、5kW級の出力規模で、ガスタービン火力発電の世界最高効率63%を上回る世界最高級の発電効率を可能とするSOFCの高効率化技術を確立。5kW級SOFC開発の知見と技術を持つ三浦工業と協力し、高効率化技術を搭載した実証機を開発した。

 セルスタックは、森村SOFCテクノロジー製の平板型SOFCセルスタックを採用。実証試験に先立ち開発した試験機を昨年11月から稼働させ、2000時間超の安定運転を確認した。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子「コロナに負けるな ガスで快適・健康生活」
【e-bookの特典あり】withコロナ時代にガスで最適な住環境を!《主な内容》〇最新ガスコンロ 〇ガスコンロで免疫力アップ 〇ガス衣類乾燥機『乾太くん』で家事を時短化 〇マイクロバブルでストレス解消 〇電気とガスのおまとめプラン 〇マイホーム発電『エネファーム』」で災害に備える

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets