サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
地冷の将来展望示す、熱協が初の長期ビジョン 【1面】
 日本熱供給事業協会(会長・広瀬道明・東京ガス会長)は3日、大阪市内のホテルで地域熱供給50周年記念式典を開催し、2030年および50年に向けた地域熱供給の長期ビジョンを発表した。低・脱炭素化、再エネ大量導入、災害に対する強じん化、地方創生といった社会課題の解決に貢献しつつ、これまでの地域冷暖房(DHC)から「地域総合サービス事業」(DTS)へと進化していく将来展望を示した。同協会による長期ビジョンの発表は初めて。

●脱炭素、地方創生などに貢献

 30年に向けた低・脱炭素化への貢献として、街区全体の熱需要を集約化しているスケールメリットを生かして、より高度な省エネ技術や新技術を提供する。複数DHCの連結、蓄熱システムの導入、未利用エネルギーの活用などを想定する。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets