サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
東京五輪 福島県産の水素を活用 環境配慮と復興アピール 【7面】
 今夏開催される東京オリンピック・パラリンピックは、エネルギー利用の観点からも注目を集めそうだ。東日本大震災の被災地・福島県浪江町で作られる再生エネルギー由来の水素が、開催期間中に多方面で活用される。環境に配慮した大会であることと、大震災からの復興を世界に発信する。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets