サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】ご当地うどんで町おこし 【10面】
 ご当地うどんといえば「うどん県」こと香川県の讃岐うどんが有名だ。同県はうどんの生産量全国1位で観光客の呼び込みにもつなげている。香川県に続こうと生産量全国2位の埼玉県や隣接する群馬県は独自のうどん文化を強みに盛り上げに力を入れている。

 埼玉を代表するうどんの一つ武蔵野うどんの店「手打うどん つきじ」(入間市)を訪ねた。一番人気は豚肉とネギが入ったつけ汁にうどんを付けて食べる「肉汁うどん」(並、580円)ということで注文した。

 「まずはそのまま麺を食べてみてください」。2代目店主の築地重幸さんに勧められて1本すするとツルっとしていてコシが強い。「うどんはゆでることで水分をたっぷり含み、冷水で締めることで表面が固まる。水分が閉じ込められて硬くなります。これがコシです」と築地さん。案内してくれた入間ガスの大澤雅之さんは「この硬さがくせになる」と話す。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets