サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
分散台帳で電源可視化、小中学校に再エネ供給/とっとり市民電力 【1面】
 鳥取ガスと鳥取市が出資する地域新電力「とっとり市民電力」は2020年度から、市立小中学校への再生可能エネルギー電気の供給と、どの発電所の電気かが分かる「電源見える化」、出前授業など児童・生徒への環境問題啓発をパッケージ化した事業を開始する。鳥取市、鳥取大学工学部、地元企業など5者でコンソーシアム(企業連合)をこのほど設立した。ブロックチェーン技術(分散型台帳)による再エネ見える化システムを環境教育に使うユニークな取り組み。複数の地方ガス事業者による「地域エネルギー会社」の取り組みの発展形として注目される。


 鳥取市立小中学校は61校あり、全てとっとり市民電力の需要家だ。全体の年間電力使用量は468万kWhで、一般家庭1300世帯分に相当する。電気代の年額は約1億円。20年度はまず約10校が、とっとり市民電力の通常メニューから再エネ電気メニューに切り替え、21年度以降順次供給先を拡大する。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets