サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
CO2排出実質ゼロへ 「脱炭素化」挑戦を宣言/東京ガス 経営ビジョン 【1面】
 東京ガスは11月27日、2030年に向けたグループ経営ビジョン「コンパス2030」を発表した。国内エネルギー大手として初めて脱炭素社会への挑戦を明確に打ち出し、顧客先を含むグループ全体の二酸化炭素(CO2)排出を50年以降のできるだけ早期に実質ゼロにするとした。30年に向けては海外での燃料転換などで国の目標比率(13年度比26%減)を超える1000万t規模(27%)のCO2削減に貢献する。利益水準は現在の1200億円から1・6倍の2000億円に高める。

○海外燃転で国内排出を相殺

 発表記者会見で、内田高史社長はLNG導入の歴史に触れ「エネルギーで変革を起こし、持続可能な社会の実現に挑戦するのは東京ガスグループのDNA。不確実な時代に進むべき方角を示す羅針盤として策定した経営ビジョンで、50年前と同様に新たな挑戦に立ち向かう決意を示した。化石燃料である天然ガスを扱うリーディングカンパニーの責務として、気候変動にも真摯に向き合っていく」と述べた。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets