サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】船舶の排ガス規制強化、LPG燃料という選択 【7面】
 国際海事機関(IMO)は2020年より、船舶燃料油の硫黄分濃度の許容限度を現行の3・5%以下から0・5%以下に引き下げる。船舶用燃料はC重油が主流だが、規制をクリアするには排ガス浄化装置の装着や規制適合燃料油の使用、

 LNG、LPGなど他燃料への転換が必要になる。いずれも一長一短があるが、LPGには燃料として取り扱いが比較的容易だという利点がある。LNG燃料船(バンカリング)に注目が集まる中、LPGという選択肢も要注目といえよう。21年の商用化を目指して燃料改質装置の開発を進める大阪ガスと、環境対策の一環としてLPG燃料船などへの燃料転換を支援する国土交通省を取材した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子「コロナに負けるな ガスで快適・健康生活」
【e-bookの特典あり】withコロナ時代にガスで最適な住環境を!《主な内容》〇最新ガスコンロ 〇ガスコンロで免疫力アップ 〇ガス衣類乾燥機『乾太くん』で家事を時短化 〇マイクロバブルでストレス解消 〇電気とガスのおまとめプラン 〇マイホーム発電『エネファーム』」で災害に備える

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets