サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
LNG特集「過去最大の変革期、流動性の高い市場育成が課題」 【12面】
 今年は日本がLNGを導入して50周年の節目の年だ。1969年11月4日、東京ガスと東京電力が共同購入したLNGを積んだ船が米国アラスカから東京ガスの根岸基地(横浜市)に到着した。

 LNGの歴史はここから実質的に始まり、その後、人類にとって欠かせないエネルギーとして世界各地で使われるようになっている。

 日本にまず続いたのは、東アジアの他の国々だった。韓国は80年代、台湾は90年代にLNGの本格輸入を開始した。ただ、逆に言えばLNGの買い手はしばらくは、経済成長が著しい一方で化石資源に恵まれないアジアの一部の国にほぼ限られていたと言える。こうした状況は今世紀に入って大きく変わった。2000年時点でLNGを輸入する国は10カ国だけだったが、現在では40カ国以上に増えている。新興国におけるエネルギー需要の増加や、自国産ガスを利用していた国でのガス田の生産量減少などが背景にある。浮体式貯蔵再ガス化設備(FSRU)の商用化など技術の進歩によりLNG導入のハードルが下がったことも大きい。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets