サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【西部ガスが中期計画】不動産をガスに次ぐ柱へ 成長投資に最大500億円   
 西部ガスは14日、2020~22年のグループ中期経営計画「スクラム2022」を発表した。かねてより力を入れてきた不動産事業と成長が見込める国際エネルギー事業を加速させ、計画期間の3年間で、過去最大規模の成長投資500億円を決めた。

 現行の中期経営計画(17~19年度)で掲げた、26年までにガスエネルギー事業以外での売上高構成5割の目標を踏襲する。その上で次期中計は「非ガス5割」の内訳を(1)電力その他エネルギー、(2)不動産、(3)食関連その他―の三つに分け、比率を示した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets