サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】川崎汽船の100年、エネルギー安定供給に貢献 【14面】
 川崎汽船は今年、創立100周年を迎えた。日本を代表する海運会社として、戦前の重工業の発展や戦後の高度経済成長を支えてきた。10月に発行された『100年史』に基づき、エネルギー輸送を中心に同社の歩みを振り返る。 

○石油の台頭

 川崎汽船は、川崎重工業の前身である川崎造船所の海運事業が母体となり、1919年4月5日に創設された。創立直後には、日本郵船と大阪商船(現商船三井)以外の海運会社の大合同を主導して国際汽船を発足させるなど、当初から大きな存在感を示した。27年に勃発した金融恐慌により国際汽船とは袂を分かつが、遠洋定期航路を独自に開設するなどして外航海運会社としての地位を高めていった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets