サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【天然ガス・未来へ】第5部 提言 次の半世紀へ(1)ガスは温暖化対策に貢献 LNG投資、拡大期迎える 【1面】
 国際エネルギー機関(IEA)で天然ガス市場を担当するピーター・フレーザー課長に、地球温暖化対策における天然ガスの役割や、今後のLNG市場の需給、アジアにおけるLNGハブ実現の条件などを聞いた。

 ―世界的に気候変動対策の取り組みが加速している。天然ガスに期待される役割とは。

 気候変動問題の解決には、再生可能エネルギーとエネルギー効率の向上が主導的役割を果たすと見ているが、エネルギーシステムの転換期においては石炭から天然ガスへの燃料転換も重要だ。ガスは貯蔵ができ、産業分野で使用される高温、建物の暖房用など価値あるサービスを提供している。これらはコスト面で、他の低炭素燃料に簡単には置き換えられない。

 2040年時点の世界のガス需要は、低炭素シナリオの下でも現状の水準とさほど変わらない。発電用や建物用は減少しても、新興国で産業用などが伸びる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets