サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【新社長に聞く】四国ガス片山泰志社長―事業多角化に挑戦 天然ガス転換で販売量倍増 【1面】
 ―四国全域に供給地域が点在している。  松山や高松など七つある支店はかつて別会社だったのが、終戦直後の1945年11月に今治ガスが中核となり合併して四国ガスが誕生した。そのため愛媛県今治市に本社が置かれ、今に至っている。

 ―各地の特徴は。

  今治は造船とタオル産業が盛んで工業用が伸びている。タオル工場のボイラー燃料を重油から天然ガスに転換する動きが活発だ。  松山は人口51万人と四国で最も人口が多く、道後温泉など観光地も多いが、都市ガス普及率は4割弱と支店の中で最も低い。LPガスが強い地域で特に競合が激しい。ただ化繊工場の燃料に天然ガスが採用されるなど工業用が伸び始めている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●レシピ集「きじまりゅうたのおうちレストラン」
料理研究家きじまりゅうた氏監修の《元気がでる》レシピ集。

●2020年都市ガス事業マップ
都市ガス事業者の情報を俯瞰できるB1両面サイズのお役立ち地図。

●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets