サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】「青のある暮らし」、江戸を堪能 美術館巡り 【10面】
 「青のある暮らし」というタイトルの美術展が東京都渋谷区の太田記念美術館と戸栗美術館で開催中だ。「青」色を切り口に浮世絵や陶磁器を通して江戸時代の暮らしを紹介するコラボ企画だ。現代の生活にある「青」がガスの炎だとしたら、江戸時代にはどんな「青」が庶民の日常を彩っていたのだろうか。江戸の風に吹かれて涼をとるべく、両館を訪ねてみた。

 若者の街、原宿のど真ん中にある太田記念美術館は、浮世絵専門の美術館。江戸時代前期に誕生し、当時の流行や人々の暮らしぶりを描いた風俗画が浮世絵だ。版画として発展し、1枚あたりの価格が当時のかけそば1杯程度と安価であったことから、庶民の娯楽として花開いた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子『もしもに強い!エネファーム』
近年、台風や地震などの災害にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型のエネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、停電地域の暮らしを支えたことが注目されています!

●冊子『停電対応型GHPを設置しませんか?』
学校体育館や公民館など、自治体が避難所に指定する施設への〈停電対応型GHP〉の設置を訴求する冊子です!

●花粉症にはガスがイイ!
そろそろ《花粉》の気になる季節の到来…。
花粉症でお困りのお客さまに、乾太くんやガス温水床暖房で快適生活の提案ツールとしてご活用ください!


全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets