サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
EVで電力需給調整、再生エネ大量導入に対応/V2G実証 【7面】
 発電量が変動しやすい太陽光や風力発電など再生可能エネルギーが急速に普及する中、市販の電気自動車(EV)の車載用蓄電池を充放電させることで、系統電力の需給調整に活用するビークルトゥグリッド(V2G)と呼ばれる技術が注目されている。

2018年度から四つのグループが実証を行っている。この中の静岡ガスも参加する東京電力ホールディングスの実証事業を取材した。

○V2H普及後、V2Gに期待

 太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が進展している。これらの設備で発電した電力は、天候など自然状況により、発電量が大きく変動してしまい、供給量を制御することができない。再エネの普及を図る上で、需給調整技術の開発が欠かせない。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子「コロナに負けるな ガスで快適・健康生活」
【e-bookの特典あり】withコロナ時代にガスで最適な住環境を!《主な内容》〇最新ガスコンロ 〇ガスコンロで免疫力アップ 〇ガス衣類乾燥機『乾太くん』で家事を時短化 〇マイクロバブルでストレス解消 〇電気とガスのおまとめプラン 〇マイホーム発電『エネファーム』」で災害に備える

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets