サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
EVで電力需給調整、再生エネ大量導入に対応/V2G実証 【7面】
 発電量が変動しやすい太陽光や風力発電など再生可能エネルギーが急速に普及する中、市販の電気自動車(EV)の車載用蓄電池を充放電させることで、系統電力の需給調整に活用するビークルトゥグリッド(V2G)と呼ばれる技術が注目されている。

2018年度から四つのグループが実証を行っている。この中の静岡ガスも参加する東京電力ホールディングスの実証事業を取材した。

○V2H普及後、V2Gに期待

 太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が進展している。これらの設備で発電した電力は、天候など自然状況により、発電量が大きく変動してしまい、供給量を制御することができない。再エネの普及を図る上で、需給調整技術の開発が欠かせない。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会