サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
インフラ整備へ動き、来年の規制強化見据え/船舶用燃料 【5面】
 船舶用LNG燃料の供給インフラ整備の動きが国内各地の港湾で活発になっている。2020年1月から世界の全海域で船舶燃料に含まれる硫黄分濃度の規制強化が実施されるからだ。東京湾では横浜川崎国際港湾など3社がLNG燃料供給(バンカリング)の事業化を正式決定。大阪湾ではLNG燃料タグボートが完工した。北日本最大の国際貿易港である苫小牧港でも供給インフラ整備に向けた検討が始まった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●冊子「コロナに負けるな ガスで快適・健康生活」
【e-bookの特典あり】withコロナ時代にガスで最適な住環境を!《主な内容》〇最新ガスコンロ 〇ガスコンロで免疫力アップ 〇ガス衣類乾燥機『乾太くん』で家事を時短化 〇マイクロバブルでストレス解消 〇電気とガスのおまとめプラン 〇マイホーム発電『エネファーム』」で災害に備える

●『’21 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
エネルギー自由化時代を俯瞰する都市ガス業界の年鑑。最新号が発行されました。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets