サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【大手4社トップに聞く】酒見俊夫 西部ガス社長/アジアのハブに名乗りー「非ガス5割」も投資進む 【1面】
 西部ガスは「ガス事業以外で売り上げ比率5割」の目標を掲げ多角化を進める一方、アジアのLNGハブに名乗りを上げた。酒見俊夫社長にそれぞれの狙いを聞いた。

―ロシアの民間ガス最大手ノバテク社と昨年12月末、ひびきLNG基地(北九州市)を活用してアジアのLNG市場を開拓する連携ビジネスの覚書を締結した。

 世界中のLNGプロジェクトが中国をはじめとするアジア市場を狙っている。ノバテクは北極海からベーリング海峡を経由してLNGを輸送する計画だが、最終目的地まで高価な耐氷仕様のLNG船で運ぶとコストがかかる。そこでカムチャツカ沖で標準的なLNG船に積み替えて輸送する考えがある。一方で、アジアにおけるLNG導入計画は多様化していて、中国では、中小型のLNG船で川を遡上して内陸のLNG基地まで運ぶ構想がある。他のアジア各国でも島しょ部向けに中小型船で運ぶ計画が検討されている。こうした需要には、ひびき基地で耐氷仕様のLNG船から中小型船やコンテナに積み替える形態もありうると考え、当社からノバテクに提案した。LNGハブ(中継基地)としてのひびきの潜在能力は高いと考えている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets