サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】高断熱で快適・健康に「これからの住宅」を考える 床暖と合わせ提案を 【7面】
 省エネ住宅への注目が高まっている。政府は年間の1次エネルギー消費が正味ゼロまたはマイナスになるネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)について、2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建て住宅の半数以上で、30年までに新築住宅の大半で実現することを目指している。

 新築住宅への省エネ基準適合の義務化も段階的に進めていく方針だ。省エネ住宅を普及させるには、こうした住宅が健康維持や快適性の向上につながることのPRが欠かせない。省エネで健康・快適な住宅とはどのようなものか。産官学が連携して運営する施設で体感してきた。

 「スマートウェルネス体感パビリオン」(横浜市鶴見区)は、建築資材商社でハウスメーカーでもあるナイスグループが、横浜市、慶応大学と連携して運営している。同社が考える「健康と環境にやさしい家づくり」を体感して学べる施設だ。2015年のオープン以来、サブユーザーや一般消費者のほか、行政や教育関係者など、約1万5000人が訪れている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●PR冊子「おいしいガスコンロ生活」
ガス展やお客さま訪問時に最新Siセンサーコンロを訴求するのに最適なPRツール!

●年鑑『20年CITY GAS』
全国の都市ガス会社の基本データはもちろん、関連企業、団体のデータも網羅する年鑑です。

●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets