サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】五輪参加国に着物を、久留米発「KIMONOプロジェクト」 【8面】
「東京オリンピックに参加する世界の206の国・地域向けに一着ずつ着物を製作する」。福岡県久留米市の呉服屋が提唱した「KIMONOプロジェクト」が多くの賛同を得て実現に向かっている。久留米ガスや西部ガスもスポンサーを務めており、久留米ガスの昨秋のガス展では完成した着物のお披露目会が開かれた。

 「KIMONOプロジェクト」の発起人は、久留米市の老舗呉服店「蝶屋」の店主高倉慶応氏だ。着物産業も久留米市のような地方都市も、かつてのような活気が失われている。元気を取り戻すきっかけとして、同プロジェクトを思い立った。着物の製作は基本的に、西陣織、加賀友禅、大島紬など全国の有名ブランドの作家に依頼。みな快く引き受けてくれているという。

 2014年、プロジェクトの実施主体として、一般社団法人「イマジンワンワールド」が設立された。着物製作の費用は全ての国・地域一律で帯を含めて200万円に設定。その費用を負担してくれる「ネーション・スポンサー」の確保が最大の課題だった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●PR冊子「おいしいガスコンロ生活」
ガス展やお客さま訪問時に最新Siセンサーコンロを訴求するのに最適なPRツール!

●年鑑『20年CITY GAS』
全国の都市ガス会社の基本データはもちろん、関連企業、団体のデータも網羅する年鑑です。

●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム TEST2 bogets