サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
露ガス大手と連携へ ひびきをLNG中継拠点に/西部ガス 【1面】
 西部ガスは9日、ロシア最大の民間ガス生産会社ノバテクとの間で、ひびきLNG基地を活用したアジアへのLNG輸送における連携ビジネスの検討を開始すると発表した。ノバテクによる北極圏LNGプロジェクトのアジア向け販売の中継拠点として、ひびき基地を活用する。LNGタンクの増設など、基地の拡張も検討する。西部ガスは、中国・東南アジア市場へのアクセス面での優位性を生かし、ひびき基地をアジアのLNG取引拠点(ハブ)とすることを目指す。

 北極圏のLNGプロジェクトには、ヤマルとアークティック2がある。いずれもノバテクの案件で、ヤマルは2017年末から欧州や中国などへの出荷を開始した。液化能力は年1650万t。アークティック2は23年頃から年1980万tが生産される見込みだ。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●「天然ガス特集2019」発行
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト bogets