サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】労働力確保「65歳定年制」最前線、給与体系や休職制度を工夫 【7面】
 少子高齢化に伴って、労働力確保が社会的な課題になっている。ガス業界でも「65歳定年」に向けた動きが出てきた。各社とも、熱量変更時代に入社したボリュームゾーンが段階的に定年を迎え、社員数が減っていく課題を抱える。

 西部ガスは再雇用後の社員の給与体系や労働環境を改善する新制度をつくるとともに、50代のミドル社員に意識改革を促す研修を始めた。北海道ガスは2016年から定年を65歳に引き上げている。労働力確保に向けた、ガス会社の取り組みを探った。

◇西部ガス 継続雇用の仕組みを改定、ミドル社員に啓発研修も

 西部ガスは現行の60歳の定年後の再雇用制度を改定し、2019年度から新しく「ネクストキャリア制度」の運用を始める。

 同社の経営課題の一つに年齢構成の変化と社員数の減少がある。社員のボリュームゾーンは50代。1989年に天然ガス転換を開始し、前後に大量に採用された世代だ。社員数を調整するために下の世代(現在40代)の採用は抑制された。この流れはガス業界全体に言えることだが、西部ガスの場合は熱変とバブル期が重なったためピーク時は現在の3倍の150人程度採用していた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会