サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
余剰電力を域内融通 集合住宅のエネファーム活用/東邦ガス 【1面】
 東邦ガスは13日、東邦ガスグループが名古屋市港区で開発を進めているスマートタウン「みなとアクルス」で三井不動産レジデンシャルが建設する集合住宅「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス」全265戸にSOFC(固体酸化物形燃料電池)エネファームtypeSが採用されると発表した。エネファームの余剰電力を融通し、みなとアクルス全体で活用する、国内初の取り組みになる。

 東邦ガスグループは、港明工場跡地でみなとアクルスを開発し、今年9月にまちびらきを行った。三井不動産は、大型商業施設「ららぽーと名古屋みなとアクルス」を開業。三井不動産レジデンシャルは、みなとアクルスの北側エリアで10階建ての集合住宅の建設を進めている。2020年8月の完成予定。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

●花粉症にはガスがイイ!
ガス温水床暖房や乾太くん等、優れたガス機器で花粉症からお客さまを救い、豊かな暮らしを提案する1冊が新登場。A5判カラー12頁

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会