サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
余剰電力を域内融通 集合住宅のエネファーム活用/東邦ガス 【1面】
 東邦ガスは13日、東邦ガスグループが名古屋市港区で開発を進めているスマートタウン「みなとアクルス」で三井不動産レジデンシャルが建設する集合住宅「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス」全265戸にSOFC(固体酸化物形燃料電池)エネファームtypeSが採用されると発表した。エネファームの余剰電力を融通し、みなとアクルス全体で活用する、国内初の取り組みになる。

 東邦ガスグループは、港明工場跡地でみなとアクルスを開発し、今年9月にまちびらきを行った。三井不動産は、大型商業施設「ららぽーと名古屋みなとアクルス」を開業。三井不動産レジデンシャルは、みなとアクルスの北側エリアで10階建ての集合住宅の建設を進めている。2020年8月の完成予定。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会