サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
ガスWGが初会合 競争促進とガス利用拡大検討へ 【1面】
 資源エネルギー庁は20日、都市ガスの競争環境整備のための制度改正を検討する「ガス事業制度検討ワーキンググループ」(ガスWG、座長=山内弘隆一橋大学教授)の初会合を開いた。当面、卸供給促進など規制改革項目の検討が優先されるが、今会合では天然ガス利用拡大など「ガスシステム改革」の目的貫徹に向けた議論を重視する意見が多数出た。10月中に開く見込みの次会合から個別論点の本格審議に入る。

 ガスWGは、エネルギー基本計画や規制改革実施計画の要請に応える検討を行う。規制改革実施計画に盛り込まれたガス分野7項目については、早いものは今年度内に結論を出す必要があり、ガスWGでは当面、エネ庁所管の「ガス卸供給の追加促進策」「一括受ガス容認の妥当性」「熱量バンド制のメリット・デメリット」「LNG基地第三者利用の追加的な促進策(対象基地拡大)」を集中的に議論する。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets