サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】文化財を居場所に、保存と活用のバランスを 【10面】
 文化財を観光資源として積極的に活用する動きが強まっている。一方、地域住民が集う「居場所」としての機能などから文化財の価値を再評価する研究も行われている。文化財の保存と活用の適切なバランスをどう取るか。地域に密着して事業を営むガス会社の関与も期待されている。
 文化財とは、文化的価値を有する建築物や美術品、民俗資料、音楽、演劇などのこと。文化的価値が公的に認められれば、地方自治体や国の指定を受け、保護の対象となる。制度の一義的な目的は文化的価値を損なわせないことで、指定文化財は現状変更を許さない凍結保存が原則になる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

●花粉症にはガスがイイ!
ガス温水床暖房や乾太くん等、優れたガス機器で花粉症からお客さまを救い、豊かな暮らしを提案する1冊が新登場。A5判カラー12頁

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会