サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
原油市況は強含みに、イラン問題等で需給ひっ迫も 【5面】
 原油市況は昨年夏以降、ほぼ一貫して値上がりし、今年6月末には1バレル74㌦台(米WTI)と3年7カ月ぶりの高値水準に進んだ。その後は一服となり、直近では60㌦台後半でこう着している。米中貿易摩擦の影響で世界経済の減速が懸念される一方、イラン、ベネズエラなど主要産油国に供給減少の恐れがあり、今後の見通しには強弱感が対立している。原油市況分析の第一人者・石油天然ガス・金属鉱物資源機構の野神隆之氏は、OPEC産油国余剰生産能力の水準に着目、市況は当面、「少なくとも高止まり、要因次第では上振れする可能性が高い」と指摘する。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●2019年都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップ。この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載。


●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

●花粉症にはガスがイイ!
ガス温水床暖房や乾太くん等、優れたガス機器で花粉症からお客さまを救い、豊かな暮らしを提案する1冊が新登場。A5判カラー12頁

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会