サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】便利な「さば缶」、百数十円の魔法の食材 【12面】
 新聞、雑誌、テレビで「さば缶」が話題になっている。さば缶のレシピ本も登場した。販売数も伸び続け、ついに缶詰の王者「ツナ缶」を追い抜いたそうだ。地味な食材だったさば缶が、脚光を浴びるに至った理由を探ってみた。

 筆者宅(70歳夫婦)にさば缶(主に水煮)が高頻度で登場するようになったのは東日本大震災の後だ。震災当時に食べてみたら意外にうまかった。スポーツをやる高齢者は良質なタンパク質が多めに必要だと聞き、手軽に買えて使える青魚のサバに行きついた。毎日食べるので、安いのもありがたかった。

 ところが、昨年あたりからスーパーの棚に見当たらない日も出るようになった。どうも以前より売れているらしいと気づいた。
 実際どうなのか、さば缶の大手メーカー、マルハニチロに聞いてみた。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会