サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【文化】増える「移住」、相談者の7割が20~40代 【18面】
 大都市から地方への移住支援を行う認定NPO法人ふるさと回帰支援センター(東京・千代田区)によると、昨年1年間、同センターへの移住相談および問い合わせ数が過去最多の3万3165人に達した。その中の7割が20~40代という。増える移住希望の現状と、行政の取り組みを聞いた。
     ◇
 ふるさと回帰支援センターは、団塊の世代が一気に定年退職を迎える前の2002年に設立。老後の「ふるさと暮らし」を望む人の増加を見越して、全国の消費者団体や労働組合、農林漁業団体の有志によって創設された。センター内には45道府県と1政令指定都市(静岡市)がブースを構え、移住相談を行い、道府県や市町村の移住セミナーも開かれる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会