サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
クローズアップ―業務用厨房/事故撲滅へ対策進む 【7面】
 業務用厨房機器の安全性を向上する取り組みが進展している。業務用分野の事故件数は横ばい傾向が続いていることから、経済産業省、日本ガス協会、都市ガス事業者、メーカーが数年前から事故をなくすため、厨房での換気や機器のメンテナンスを促進する周知活動を進めている。

 さらに安全性の向上を図るため、ガス業界とメーカーが協力して立ち消え安全装置、不完全燃焼防止装置、換気連動機能などを搭載する厨房機器の開発を進めている。業界の活動、大手メーカーの安全装置開発の事例としてタニコーの取り組みを紹介する。

○安全機能搭載機器を開発―ガス業界とメーカーが協力

 この数年のガス事故の件数を見ると、全体的には減少傾向にあるものの、消費段階の人身事故が依然高止まりしている傾向がある。直近の消費段階での事故状況を見ると、主な事故原因は、(1)ガス漏洩による異常着火・火災、(2)CO(一酸化炭素)中毒となっている。事故報告の過去5年間(12年~16年)累計では、異常着火の9%、CO中毒の53%が業務用機器での事故となっている。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【セール期間延長】拡販冊子とレシピ集のお得なセッ
Siセンサーコンロの拡販冊子「知って納得!最新ガスコンロの実力2018年版」と、Siセンサーコンロの便利機能を使ったレシピ集「カラダよろこぶお肉レシピ」のオトクなセット。

●2018年 都市ガス事業マップ
B1サイズの大判マップです。
この地図1枚に、全国ガス事業者のお客さま件数やガス販売量などを表示。
裏面には、各社供給エリアや所在地などの情報も掲載されており、2018年の都市ガス事業者の情報を俯瞰できます。



●世界天然ガスマップ2018
B1判 カラーポスター
発行:2018年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会