サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
日本向け米産LNG初の長契 調達の柔軟性向上に貢献/米コーブポイント運開 【1面】
 東京ガスと関西電力が住友商事と組んでLNGを調達する米国メリーランド州のコーブポイントLNGプロジェクトが9日、商業運転を開始した。日本企業が長期契約を結ぶ米国産LNGプロジェクトの商業運転開始は初めて。調達価格は原油ではなく米国の天然ガス価格指標ヘンリーハブに連動し、仕向地条項もないのが特徴だ。電力・ガス自由化などで需給の不確実性が増す中、日本のLNG調達の柔軟性向上に資すると期待される。

 東京ガスの広瀬道明会長と関西電力の岩根茂樹社長、住友商事の中村邦晴会長は12日、同プロジェクトの天然ガス液化プラントを訪問し、事業主であるドミニオンエナジーのトーマス・ファレル会長兼社長とともに商業運転の開始を祝った。前日の11日には、杉山晋輔駐米大使と面会。杉山大使は「今回の商業運転の開始が、日米経済関係にもたらす大きな成果を歓迎する」とコメントした。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会