サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【クローズアップ】課題山積、変わらず、 福島原発事故から7年 / 原子力政策 【7面】
東京電力・福島第1原子力発電所の事故から丸7年が経過した。未曽有の大事故を受け、一時は稼働ゼロになった既設炉の再稼働は今なお限定的だ。核燃料サイクル政策は相変わらず問題が山積している。
国民の原発への不信感も根強い。原子力政策は先が見えない状況が続いている。 

●進まない再稼働

 福島第1原発の事故により、エネルギー政策における原子力の位置付けは大きく変わった。事故前は電源構成の中核を占め、地球温暖化対策の柱にも位置付けられていたが、2014年4月に策定されたエネルギー基本計画で「原発依存度は可能な限り低減」するとの方針が示された。同計画に基づく長期エネルギー需給見通しでは、30年の発電電力量に占める原発の比率は22~20%とされた。だが、その達成は計画策定時から危ぶまれてきた。
―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●世界天然ガスマップ2018
B1判 カラーポスター
発行:2018年2月
価格:2,000円(税別)

●Siセンサーコンロ拡販冊子の決定版 知って納得! 最新ガスコンロの実力 2018年版
サイズ:A4判 カラー16ページ
発行日:2017年12月
価格:143円(税別)



●’18 日本の都市ガス事業者-CITY GAS
エネルギー自由化時代を
俯瞰するガス業界の年鑑

B5判 600ページ
発行:2017年11月 28日
価格:14,500円(税別)


ガスの情報誌「それいゆ」のご案内
全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会