サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
大ガス、中部電が新会社/大手連合初の越境参入、首都圏300万件にガス・電気 【1面】
 大阪ガスと中部電力は2月27日、首都圏でガス・電力および各種サービスを販売する新会社「CDエナジーダイレクト」を4月2日に設立すると発表した。法人向けには生産性向上など各種課題の解決につなげるソリューション、家庭向けにはハウスメーカーや通信などパートナー企業の商材と電気・ガスを組み合わせた料金メニュー等を提案。ガスの卸販売等にも取り組み、2030年頃に電力200億kWh、ガス100万tを販売し、首都圏の約1割、300万件にエネルギーや各種サービスを販売する目標を掲げる。ガスと電力の大手同士が手を組み、既存商圏を越えて他地域に参入するのは初めて。

 資本金は17億5000万円で、大阪ガス、中部電力が折半出資する。社長には中部電力の小津慎治・執行役員販売カンパニー東京営業部長が就任。副社長ポストには大阪ガスが就く予定。従業員数は取締役4人を含めて14人。ガス・電気の許認可やシステム開発を進め、できるだけ早い時期に販売を開始する。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●【25%OFF】レシピ2点セット
「お肉レシピ」と「カフェレシピ」の2点セットが特別価格。春ガス展や日々の接点機会にご活用下さい。

●【期間限定15%OFF】コンロ販促、接点機会に
「忙しい!」「節約したい!」「ダイエットしたい!」―誰もがかかえるこうした悩みをSiセンサーコンロが解決。

●世界天然ガスマップ2019
B1判 カラーポスター
発行:2019年2月
価格:2,000円(税別)

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会