サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
まちづくり 空き店舗・施設を再生、地元ガスの販売量も増加 【7面】
 全国各地の自治体やまちづくり会社が、使われなくなっていた施設を生かした地域活性化に取り組んでいる。シャッターが閉まったままの商業施設や空き店舗が新しく生まれ変わり、ガス販売量の増加につながっているケースもある。

 山形県鶴岡市、静岡県熱海市、東京都青梅市の事例を紹介する。

■鶴岡ガス=駅前ビルが蘇る 鶴岡市とまちづくり会社

 山形県鶴岡市とまちづくり会社Fu―Do(ふうど)は2017年7月、10年以上使われていなかったJR鶴岡駅前の商業施設に「つるおか食文化市場FOODEVER(フーデェヴァー)」をオープンさせた。同施設には、鶴岡の有名シェフがプロデュースしたレストラン、地域食材にこだわる飲食店を集めたフードコート、地酒と地ワインが楽しめるバー、庄内産の野菜や魚が買えるマルシェなど、食に特化した店舗や観光案内所などが入る。
―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会