サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
事業化の動き活発に、三大港湾でインフラ整備/船舶向けLNG 【1面】
 国際海事機関(IMO)による2020年の環境規制強化を見据え、日本でも船舶向けLNG供給(LNGバンカリング)事業の実現に向けた動きが活発化してきた。中部電力など4社はこのほど、中部地区におけるLNGバンカリングの事業化に向けた検討を開始した。関西では官民が協力して今月半ばにも事業化に向けたロードマップを策定する見通しだ。検討作業が先行している東京湾を含め、国内三大港湾全てがインフラ整備に乗り出した。

 IMOが20年に世界の全海域で船舶燃料に含まれる硫黄分濃度の規制を強化することで、アジアでもLNGバンカリングの需要が生まれる。IMOは温室効果ガス(GHG)の削減目標も近く設定する方向で、中長期的にはLNGが船舶用燃料の中心になるとの見方もある。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会